お知らせ

この度は、新型コロナウイルス感染症の発生により患者様や、
ご家族、地域住民の皆様をはじめ、多くの皆様にご心配ご迷惑を
おかけしたことを深くお詫び申し上げます。

令和3年8月28日に、入院患者様に新型コロナウイルス感染症の
陽性が判明した直後より、院内感染症対策本部を立ち上げ
沖縄県新型コロナウイルス感染症対策本部や保健所
沖縄県災害派遣精神医療チーム(DPAT)、沖縄県災害派遣医療チーム(DMAT)
ジャパンハートの皆様よりご指導や助言を頂き事態の収束に
取り組んでまいりましたが、結果として入院患者様28名と職員21名の陽性が
確認され、まことに残念ながら入院患者様10名がお亡くなりになりました。
ご遺族の皆様には謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福を
お祈りいたします。

入院患者様に陽性者が判明した令和3年9月10日以降、2週間の新規感染者が
確認されていないところで、院内感染症対策本部による収束の判断が示された
ことで令和3年9月27日(月曜日)から通常の診療体制とさせていただきます。

今後も、さらなる感染予防の徹底を図り院内感染防止の一環として
以下につきましては、継続し安全に配慮しながらの診療となりますので
ご不便をおかけすることがあると思いますがご理解とご協力お願い申し上げます。

1.来院時のマスクの着用をお願いします。
2.病院入口での体温測定を行います。
3.手指の消毒をお願いします。

今後とも、当病院を宜しくお願い申し上げます。

                       令和3年9月24日
                       医療法人仁誠会 名嘉病院
                       病院長 名嘉 恒守

[TOPに戻る][一覧へ]